【芸能】三田佳子の息子“疑惑のシャブ仲間”に超人気アイドルが浮上?

1 :砂漠のマスカレード ★:2018/09/14(金) 09:29:54.45 ID:CAP_USER9.net
9月11日早朝、女優の三田佳子の次男・高橋祐也容疑者が、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された。

三田は同日、所属事務所を通じてコメントを発表し、高橋容疑者について「統合失調症を抱え、精神科に通うなど、本人なりに努力をしてきましたが、このような結果になり、大変残念としか言いようがありません。
親としては、もう力及ばずの心境です」と明かした。

「高橋容疑者の捜査はこれから進んでいき、“シャブ仲間”の芸能人が多数、浮上してくる可能性があります。
2010年には一般女性と結婚し、同年9月には男の子が誕生した高橋容疑者ですが、17年に元『乃木坂46』のメンバーと不倫関係であったことが発覚。
高橋は“パーティー”を開くたびに、この女性を通じて現役のグラビアアイドルなどを呼び、覚せい剤を楽しんでいた可能性があるのです」(芸能関係者)

高橋容疑者は「気持ちよくなるものがある」と、覚せい剤を知人などにも勧めていたという。

「高橋容疑者が女性をとっかえひっかえしていたのは周知の事実です。
しかし、どうしてそんなにモテるのか不思議でしたが、そのカギは“クスリ”だったのですね。
高橋はクスリを楽しむための専用部屋を持っていたという情報があり、今後、捜査でそのあたりも浮上してくるでしょう。芋づる式にシャブを楽しんでいた芸能人仲間が浮かび上がるかもしれません」(同・関係者)

00年10月には、自宅の地下でグラビアアイドルなどを招き“覚せい剤パーティー”を開いていたことが発覚し、懲役2年、執行猶予5年の判決を受けていた高橋容疑者。今回も同様のことをしていた疑惑があるようだ。

「もしも、元『乃木坂46』のメンバーが高橋に女性を斡旋していたとなれば、芸能界に震撼が走りますね。
彼女は同グループの一期生として人気を博し、約3年間グループに在籍。
キャプテンの桜井玲香や人気メンバーの井上小百合と仲が良かったため、ファンからは『玲香が心配だ…』
『乃木坂ちゃんたちが、変なつながりを持っていなければいいけど…』『井上小百合を誘ってたらマジで許さんからな。二度と乃木坂に近づくな!』といった怒りと心配の声が上がっています」(同)

かつてスーパースターと称されたプロ野球選手が覚せい剤に手を出した際の、孤独感に覆われたイメージとは随分違う高橋容疑者の“シャブライフ”。
果たして一緒に乱痴気した“仲間”は誰なのだろうか。疑惑は深まるばかりだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1520963/
2018.09.13 21:20 週刊実話

133 :名無しさん@恐縮です:2018/09/15(土) 10:04:41.16 ID:9BTQg0mV0.net

43 :名無しさん@恐縮です:2018/09/14(金) 09:48:35.05 ID:ItB0W6OY0.net

125 :名無しさん@恐縮です:2018/09/14(金) 22:00:02.22 ID:0LmTWVVj0.net

>>120
肉体依存じゃないや、身体依存…言葉間違えました

45 :名無しさん@恐縮です:2018/09/14(金) 09:50:47.00 ID:856H7Kw00.net

不倫相手の乃木坂ベロチュー
https://youtu.be/sEoFMMIlGCU

52 :名無しさん@恐縮です:2018/09/14(金) 09:55:08.78 ID:6nRlIoy+0.net

いま電通が日本中の女をアル中にする計画を実行してるから気をつけろ!

テレビで朝から晩までストロング!ストロング!とCM連呼。
実際にこの10年で女のアル中患者が倍増してる。

ストロング系缶チューハイ、なぜアルコール依存症患者増加?「缶」ゆえの危険性、がんリスク増も
https://biz-journal.jp/i/2018/07/post_24034.html

「自分はお酒が強いから大丈夫」と思った人は、さらに注意が必要だ。横山氏は、「いくらお酒を飲んでも赤くならず、酔いにくい人ほど、むしろアルコール依存症に気をつけるべき」と言う。

「アルコールから生じる有害物質のアセトアルデヒドの分解能力が強い体質の人は、多量の酒を飲めてしまうために、かえって依存症になりやすいのです。
その中にアルコールの分解が遅い体質の人がいて、この体質は血中に長時間アルコールが残りやすく、それがさらにアルコールへの依存性を強めるケースもあります」

アルコールの分解が遅い人は日本人の約3〜7%で、一見すると少数派だ。しかし、100万人ともいわれる国内のアルコール依存症患者のうち、約30%がこのタイプにあたるという。
「お酒が強いからストロング系をいくら飲んでも大丈夫」というのは、単なる思い込みでしかないのだ。

https://www.zaikei.co.jp/article/20160130/290927.html

厚生労働省の研究班が2013年に行った全国4000人余りを対象にした飲酒習慣などの調査によると、アルコール依存症の患者数は推計で109万人となり、10年前と比べ29万人も増加していることが分かった。
推計でも100万人を超えたのは初めてという。
特筆すべきは女性患者の増加で、推計で14万人。同じく10年前のデータと比較すると、およそ2倍近くに増えているという。

121 :名無しさん@恐縮です:2018/09/14(金) 21:50:30.58 ID:0LmTWVVj0.net

>>120
後者、肉体依存より精神依存
常習すると寝ない食わないから、疲労や倦怠を補うのにまた入れるという面では肉体依存もあるね

55 :名無しさん@恐縮です:2018/09/14(金) 09:57:04.07 ID:HKny7RdY0.net

何だサイゾーかよ

122 :名無しさん@恐縮です:2018/09/14(金) 21:53:17.68 ID:xXzy92fuO.net

こいつ企画でアントニーとディープキスしてたな

8 :名無しさん@恐縮です:2018/09/14(金) 09:33:59.73 ID:kUQbiDxK0.net

Y澤?

123 :名無しさん@恐縮です:2018/09/14(金) 21:53:29.42 ID:8zLsz05J0.net

もうすぐ四十なのに息子息子と言われてる人ってもう開き直ってるんだろうな。親は超えられないし、年老いた親に頼られる事もないだろうし。
一生子供扱いだww

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)