【ドラマ】ホリプロ女優対決、綾瀬「ぎぼむす」VS石原「高嶺の花」の明暗、外見の美しさを強調し過ぎて陥ったワナ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Amazonスポンサードリンク

 

1 :ばーど ★:2018/10/10(水) 13:21:55.39 ID:CAP_USER9.net
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181009-00549885-shincho-000-view.jpg

この夏、ホリプロ女優対決と言われた石原さとみ(31)の『高嶺の花』(日本テレビ系)と綾瀬はるか(33)の『義母と娘のブルース』(TBS系)。

 明暗は極端に分かれた。平均視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同じ)を叩き出した『ぎぼむす』は、一昨年(2016年)10月期の新垣結衣『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に迫る大ヒットとなったのに対して、『高嶺の花』はお世辞にも高値とは行かず、シリーズ平均視聴率は9.5%と一桁で終わった。

 メディアアナリストのメディア遊民氏に、長くテレビの現場にいたプロの目から、検証してもらう。

 両ドラマの対比は、両主演女優の比較論をも促す。そもそも『高嶺の花』打ち上げで、挨拶に立った石原さとみ自身が、「勝てなかった」「悔しい」「全責任は私です」「ご迷惑をおかけしました」と涙ながらに語り、場の空気を凍らせてしまったという。

 周囲も彼女自身も「高視聴率が狙える」と期待して臨んだだけに、惨敗の意味をしっかり受け止める必要があろう。なぜこうなったのか。各種データから要因を考察してみた。
.

(図1)「ぎぼむす」VS「高嶺の花」 視聴率比較
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181009-00549885-shincho-001-view.jpg

■両ドラマの視聴率

『高嶺の花』で石原が演じたのは、華道の名門に生まれ、金とキャリアと美貌を兼ね備えた女性の役。ストーリーは結婚式当日に破談となり、平凡な男と恋に落ちる“超・格差恋愛”物語だった。

 いっぽう同じプロダクションに所属する同世代女優・綾瀬はるかの『ぎぼむす』は、仕事一筋で来たバリバリのキャリアウーマンが主人公。小学生の娘の母親になるところからストーリーは始まり、母娘が独自の道を歩み始めるまでの軌跡が描かれた。

 ライブ視聴率で比較すると、初回は共に11%台と互角だった(図1)。

 ところが石原ドラマは2〜3話と下落し、最終回直前まで一桁に低迷した。日テレ水10ドラマ枠としては、これで3期連続の惨敗だ。

 いっぽう綾瀬ドラマは、ほぼ右肩上りに視聴率を上げ、16年秋『逃げ恥』の軌跡と重なる大ヒットとなった。明暗は極端に分かれた格好だった。

 実はライブ視聴率だけでなく、録画再生視聴率の差が深刻だ。

『ぎぼむす』はライブ視聴率同様、右肩上りを描いた。最終回では総合視聴率が30%を超える、久々のビッグヒットだったのである。

 いっぽう『高嶺の花』は、初回以降下げ続けた。ライブ視聴率では7〜10話で上昇基調となったが、録画再生視聴率では低迷したまま浮上しなかった。

 録画再生視聴率は、自分の好きな時間にじっくり鑑賞したいというドラマ好きの多寡を示す。その意味で『高嶺の花』は、“じっくり鑑賞したい”に値しない残念な作品とみた視聴者が多かったと言える。

■両ドラマの満足度

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181009-00549885-shincho-002-view.jpg

 次に両ドラマの評価を、満足度でみてみよう。

 テレビの視聴状況を独自に調査しているeight社の「視聴しつ」は、関東の1都6県で10〜70代の960人を対象に、自発的にみたテレビ番組の満足度評価と自由記述を集めている。ここでも両ドラマは大差となった(図2)。

 7月中に序盤を視聴して調査に答えた人は、両ドラマとも220〜230人。人数ではあまり違わなかったが、5段階での満足度評価は、『ぎぼむす』の4.17に対して、『高嶺の花』は3.594と大差となった。

『ぎぼむす』は、同期全ドラマの中で『グッドドクター』(フジテレビ系)に次ぐ2位。『高嶺の花』は最下位だった。しかも中盤に入った8月の成績では、『ぎぼむす』は満足度を4.358に上げ、全ドラマの首位に躍り出た。ところが『高嶺の花』は、満足度を3.74と約0.15上げたものの、順位は最下位から脱出することが出来なかった。

以下見出しのみ  全文はソース先をお読み下さい

■視聴者の声
■“綾瀬はるかvs石原さとみ”の流れ
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181009-00549885-shincho-003-view.jpg

10/9(火) 21:08
デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00549885-shincho-ent&p=1

29 :名無しさん@恐縮です:2018/10/10(水) 14:27:44.46 ID:BKjtTthY0.net

竹野内豊が途中で死ぬ役を研音が受け入れるのは主役が綾瀬だから
他の女優じゃまず無理

2 :名無しさん@恐縮です:2018/10/10(水) 13:24:00.02 ID:8cNhC2N40.net

うんこ

7 :名無しさん@恐縮です:2018/10/10(水) 13:37:04.21 ID:XY8DWWX10.net

綾瀬の方が声がいい
石原さとみは聞き苦しい

綾瀬の方が筋肉あるのか立ち姿がいい
石原さとみはプロポーションがダメ

105 :名無しさん@恐縮です:2018/10/11(木) 10:42:25.69 ID:XD6CJcJU0.net

>>102
一桁爆死女優の深キョンがどうしたって?

19 :名無しさん@恐縮です:2018/10/10(水) 14:05:18.33 ID:utoysb0p0.net

>>16
え?あるの?

80 :名無しさん@恐縮です:2018/10/10(水) 19:08:05.76 ID:pcDAtWvx0.net

天才脚本家アンチ-君のガンプー伝説

150 名前:名無しさんは見た!@放送中は実況板で[] 投稿日:2018/08/14(火) 02:01:57.52 ID:yk6j5ujw [3/6]
場末のスナックコントも笑えないわー
「聞くつもりはなかったんだけど、ちょっといいかしら?
 それは男のなんたら」
キングオブコントかな?もしくは中学の演劇大会の創作台本?

12 :名無しさん@恐縮です:2018/10/10(水) 13:46:14.85 ID:oAmQxtEm0.net

石原さとみ主演ってだけで見る気失せるわ

13 :名無しさん@恐縮です:2018/10/10(水) 13:48:37.32 ID:RjSUutNO0.net

綾瀬の方が圧倒的にスタイルが良いからな
顔は好き嫌いあるだろうが
映像での見栄えは綾瀬の方が綺麗

10 :名無しさん@恐縮です:2018/10/10(水) 13:42:32.56 ID:sOoa1iVO0.net

高嶺の花のほうは頭よくないとガチでついてこれないし義母なんかより断然面白い
おそらくここ数年で一番レベルの高いドラマ
一方義母は
あとはわかるな

5 :名無しさん@恐縮です:2018/10/10(水) 13:33:21.48 ID:Hv1O/Xcv0.net

石原さとみは芝居が下手だからな。
コミカルな役をコミカルに演じるしかできない。

対し、綾瀬はコメディからシリアスまでこなせるから、
コミカルななかにも人柄をキチンににじみだせる。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)